アルツハイマー病検査
新技術 少量の血液から原因物質
リスク把握・発症予防に期待

国立長寿医療センターと島津製作所などの研究グループが、アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質をわすかな血液から高精度で検出できる技術を確立したと発表した。認知症の過半数を占めるアルツハイマー病には根本的な治療薬がなく、新技術は治療薬の開発に取り組むうえで役立つ。ただ病気になる過程にはまだよくわからない点もあり、血液検査で病気を時間がかかりそうだ。

 65歳以上の認知症の人は2012年は国内に462万人で、25年には700万人に達すると予測されている。これは65歳以上の人口の約2割に相当する。認知症対策は医療分野にとどまらず社会全体にとり重大な課題だ。
 アルツハイマー病は認知症の6,7割を占めるとみられる。神経細胞が傷ついて少なくなり、記憶が欠落したり時間や場所の関学が失われたりする症状が現れる。
 原因と考えられているのは2つの異常なたんぱく質の蓄積だ。一つは「アミロイドベータ」と呼ばれるたんぱく質で、発症する20年以上前から脳内にたまり神経細胞の外側に「老人斑」と呼ばれる直腸的な構造をつくる。
 もう一つは「タウ」というたんぱく質で、異常なタウが神経細胞内にたまると、神経原線維変化に呼ばれる糸くずが絡まったような構造を生じて細胞が死んでしまう。

田中耕一氏ら開発
 新技術は脳内のアミロイドベータの蓄積状態を、血液ちゅにわずかに流れているアミロイドベータの断片を手掛かりに調べる。ノーベル化学賞を受けた島津製作所シニアフェローの田中耕一さんらが開発した高精度の質量分析技術を駆使した。複数の種類の断片の割合を比べる工夫で判定の精度を高めた。検査には0.5ccの血液があればよい。
 日本とオーストラリアのアルツハイマー病患者と健康な高齢者に協力してもらい血液を調べ、脳の画像検査の結果と比べたところ、約90%の精度で蓄積を正しく判別できたという。
 これまでアミロイドベータの蓄積は、1回で数十万円かかることもある陽電子放射断層撮影装置(PET)を使った脳の画像検査をするか、注射で脊髄液を取り出して調べるしかなかった。血液検査を可能にしたのは「記念碑的な仕事」と高く評価される。
 ただ世界の多くの製薬会社がアミロイドベータの細胞への蓄積を減らす新薬の開発に取り組んでいるものの、認知機能の改善効果をはっきり確認できた候補薬は今のところない。またアミロイドベータが蓄積していても発症しない例も見つかっている。このため海外では、アミロイドベータがアルツハイマー病の原因とする説に疑念を表明する研究者も現れている。アミロイドベータの蓄積を防ぐ薬の開発は現在、自覚的な少々が表れ始める前に発症のリスクを把握して予防する方向に向かいつつある。早期に手を講じることで発症を防げるのはないかとの期待からだ。

体の負担少ない
 予防のためには健康な高齢者や症状を疑われる人を対象にした研究が必要で、身体に負荷がかからない検査方法が求められている。わずかな血液だけで検査できる新技術は
くした研究の強力な道具になりうる。
 アルツハイマー病は日本だけではなく欧米や中国、インドなど新興国にとっても深刻な課題になる。新技術が「世界の健康長寿に貢献できれば」と田中さんは話す。
 もう一つの原因物資であるタウを血液検査で調べる技術も登場している。京都府立医科大学の研究グループは日本医療研究開発機構の支援を受け、アルツハイマー病発症と関係すると考えられている「リン酸化タウたんぱく質」を血液検査で高い感度が検出できる技術を開発したと17年に発表した。
 異常なタウの蓄積はアミロイドベータの蓄積より遅く表れることが多く、タウの蓄積場所と症状の現れ方に相関関係がみられる。たとえば記憶をつかさどる脳の海場周辺に異常なタウが蓄積している人に記憶障害がみられる。このためタウの方が発症に直接関係し、治療薬の標的にしてアミロイドベータより有望だとの見方が強まっている。
 アルツハイマー病の診断や予防、治療ではアミロイドベータをタウの両方を射程におさめた研究が今後、必要になるとみられる。